賃貸・引っ越し

シェアハウス賃貸|オークハウスの特徴、口コミ・評判は?【メリット・デメリット】

 

新生活をスタートする時、多くの人は部屋探しをしますね。

賃貸を選ぶ時「シェアハウス」を検討したことが一度はあるんじゃないですか?。

 

ただ、ここで疑問が。

オークハウスは有名だけど、実際の口コミとかどうなの?オークハウスにするメリットはあるの?

 

賃貸契約って失敗したらかなり痛いですよね。

今回は、シェアハウスを専門に扱うサービス『オークハウス』について調べてみました。

 

この記事は、こんな方におすすめ

  • シェアハウスの賃貸物件を探している人
  • シェアハウスに興味がある人

 

記事をダラダラ読みたくない、すぐにでもオークハウスについて知りたい人は下記のホームページをチェックしてみてください。

公式ホームページ

 

けろたそ
けろたそです。Kerotaso Blogを運営しています。その他、Twitterインスタグラムもしてます。

 

オークハウスの特徴は?

特徴

 

『オークハウス』とは、株式会社オークハウスが運営している、シェアハウス運営・管理を専門としているサービスです。

 

住まいを通じて楽しみ、喜び、成長する機会を提供する」という経営理念を掲げています。

 

そんなオークハウスの創業は1992年と20年以上の歴史をもち、累計約5万人の方が利用しているシェアハウス第一人者です。

 

日テレ「マツコ会議」でも取り上げられるなど、メディアにも出演し、影響力もあります。

 

では気になるその特徴について、下記の視点で深掘りしていきます。

  • ソーシャルレジデンス
  • オークハウスの初期費用について
  • 圧倒的な物件数

 

\ 20年以上、シェアハウスを運営 /

オークハウスで部屋探し

 

ソーシャルレジデンス

 

ソーシャルレジデンスは、オークハウスが「賃貸住宅の一形態であったシェアハウスをコミュニティ重視の”ソーシャルな場”として再定義した」新しい暮らし方です。

 

住むだけではない。住まいを通じて楽しみ、学び、成長する機会を提供しています。

 

ソーシャルレジデンスの特徴は下記の通り

  • ソーシャルアプリで繋がる
  • ソーシャルオフィス

 

ソーシャルアプリとは?

 

ソーシャルアプリとは、ソーシャルレジデンスのラウンジや各種設備を利用した「おもしろい・たのしい・ためになる」イベント、勉強会、みんなで開催・参加するワークショップなどのことを総称し、ソーシャルアプリと呼んでいます。

 

たまちん
スマホにインストールするアプリのことじゃ無いよ。

 

せっかく様々な人と交流が出来るシェアハウスで、ラウンジや各種設備を利用したイベントや勉強会をしたくても、個人では限界がありますよね。


イベント

©オークハウス
 

ソーシャルアプリは、そんなイベント、ワークショップなどの開催と参加をお手伝いするサービスです。

 

ソーシャルオフィスとは?

 

職住近接やSOHOなど働き方が多様化する現在、住み方も多様化しています。

 

ソーシャルオフィスはソーシャルレジデンス内に設けたオフィススペースで、Wi-fi、大型複合機を完備しております。

 

自室、職場とは違うサードプレイスとして好評を得ています。職住一体型の利便性から起業を目指す若者、就職活動中の学生、フリーランスで活動しているクリエイターなどが集まる場にもなっています。

 

オークハウスの初期費用について

 

『オークハウス』の初期費用は、下記の合計金額となります。

  • 契約料
  • 日割り家賃
  • ベッドパッド費

 

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

契約料

 

初回契約時に支払うお金です。こちらは返金不可となっています。

また、支払うお金は物件の種類によって異なります。

 

ソーシャルレジデンス/グランシリーズに準ずる物件

アパートメント 50,000円
シングル 50,000円
シェアルーム 40,000円
コンパートメント 40,000円
セミプライベート 40,000円
ドミトリー 30,000円

 

その他の物件

アパートメント 50,000円
シングル 30,000円
シェアルーム 20,000円
コンパートメント 20,000円
セミプライベート 2,0000円
ドミトリー 10,000円

 

\ 初期費用が安い /

オークハウスで部屋探し

 

日割り家賃

 

契約日によって、家賃を分割して支払うお金です。

家賃発生日が1日~20日の間 初月日割り家賃
家賃発生日が21日〜31日の間 初月日割り家賃 + 翌月分家賃

 

空室状況による家賃の発生は下記の通り。

  • 現在空室の部屋:入居日またはお申込日から10日後より家賃発生
  • 空室予定の部屋:入居日または空室予定日から10日後より家賃発生

 

圧倒的な物件数

 

『オークハウス』の物件数は、日本一。

なんと1年間に1000室ペースで増加しています。


物件数

 

東京だけではなく、各都道府県にも拡大中です。

現在、オークハウスが取り扱う物件は下記にあります。

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 京都府
  • 兵庫県
  • 大阪府
  • 福岡県

 

オークハウスのメリット6つ

メリット

 

『オークハウス』が管理する物件に入居するメリット6つを紹介します。

  • 毎月かかるお金は家賃+共益費のみ
  • キャンペーンでお得に契約できる
  • 物件ごとの男女比がわかりやすいサイト設計
  • 入居診査が徹底している
  • 最低契約期間は一ヶ月で良い
  • 女性専用の物件が充実している

 

毎月かかるお金は家賃+共益費のみ

 

一般の賃貸住宅ををかりるばあい、家賃、敷金、礼金、仲介手数料などが必要です。

さらに毎月、水道光熱費、ネット代、共益費が必要になります。

 

オークハウスで取り扱っているシェアハウスであれば、基本的に毎月必要なお金は家賃と共益費だけです。

つまり月の水道光熱費、ネット代は共益費(定額)に含まれます。

 

シェアハウスには家具・家電をはじめ、カーテンや寝具、無線LANのインターネットなど、生活に必要なものがそろっている物件が多く、カバンひとつでお引っ越ししてもその日から不自由なく暮らすことが可能。

 

シングルルーム プライベートタイプのお部屋、キッチン・トイレ・シャワーは共同利用
シェアルーム 2名1室利用でシェアするタイプのお部屋
ドミトリー 一部屋を4~8人でシェアする相部屋タイプ。主に二段ベッドを利用
コンパートメント 寝台列車の個室のような小型プライベートルーム
セミプライベート 広めの空間を間仕切り一人につき1区画の居室になったプライベートの確保された部屋
アパートメント 個人用のキッチン・トイレ・シャワールーム完備の完全プライベートルーム。(1K/2DKなど)

 

一般的に一番安いのはドミトリータイプで、一番高いのはアパートメントタイプです。

 

\ 毎月、家賃と共益費のみ /

オークハウスで部屋探し

 

キャンペーンでお得に契約できる

 

オークハウスで扱う物件ごとに、入居者にお得なキャンペーンが随時開催されています。

 

オークサイトの物件検索で、簡単に確認することができます。


キャンペーン

©オークハウス
 

物件ごとの男女比がわかりやすいサイト設計

 

『オークハウス』の物件検索を利用すると、物件ごとの男女比がすぐに分かります。

 

シェアハウスは一般的に女性の比率が高い傾向ですが、すべての物件がその通りとは限りませんよね。


男女比

©オークハウス
 

けろたそ
男女比で物件を決めたい人は、一目で分かるので便利です。

 

入居診査が徹底している

 

『オークハウス』が取り扱うシェアハウスに入居するためには、入居審査が必要です。

 

面倒くさいかと思いますが、異なる年代、職種、地域の人と共同で暮らすわけですから、変な人が入居しないように徹底して欲しいですよね。

 

氏名、生年月日、国籍、勤務先などの個人属性はもちろんですが、下記の項目も審査の対象です。

  • 家賃の支払い能力
  • 過去の不動産トラブル
  • 精神疾患の有無
  • 犯罪歴の有無
  • 反社会的勢力との関係性の有無

 

はじめてのシェアハウスが不安な人、お子さんが入居するのに不安な親御さんの不安を解消してくれます。

また、一般的な賃貸のように、「連帯保証人」が必要ないところは大きな利点ひとつです。

 

最低契約期間は一ヶ月で良い

 

『オークハウス』では最低契約期間を「1ヶ月」としております。

標準契約は最低1ヶ月から最長6ヶ月(一部物件を除く)になります。以降は6ヶ月毎の再契約が必要となります。

 

退去の申請は「ドミトリー14日前まで、その他の部屋タイプの方は1ヶ月前までに」というお約束がありますので、退去の予定がわかり次第、早めにご連絡されることをおススメいたします。

 

ちなにみ僕の住んでる一般単身向けのマンションでは、最低契約期間は6ヶ月ほどです。

これ以内に退去する場合は、その分の家賃の支払いが発生してしまいます。

 

\ 短期で住みたい人のために /

オークハウスで部屋探し

 

女性専用の物件が充実している

 

以外かもですが、シェアハウス居住者の6割は女性です。

 

しかし、女性だけだと防犯面など心配事が多いですよね。

オークハウスでは、女性専用のシェアハウスも充実しています。


女性専用

©オークハウス
 

オークハウスのデメリット

デメリット

 

『オークハウス』のデメリットについてです。

人によっては、無視できないのでしっかり確認しておきましょう。

  • 2人で住む場合は、追加料金がかかる
  • 物件の構造が分からない

 

それぞれみていきましょう。

 

2人で住む場合は、追加料金がかかる

 

恋人と一緒にシェアハウスに住みたいという人もいるでしょう。

でも、ちょっと待って。

 

オークハウスは物件によって、2人で住むことも可能ですが、追加料金が必要になります。

 

各「部屋」に呼ぶ場合は物件タイプが「シングルルーム」「アパートメント」タイプでしたら、契約者を含めて二名様までOK。

月に4泊以上宿泊される場合は、追加賃料(月額20,000円)が発生します。

 

但し、一部物件を除き「ラウンジ」までなら、呼んでOKです。

 

物件の構造が分からない

 

『オークハウス』の物件紹介サイトは、物件構造がわかりません。


物件紹介ページ

©オークハウス
 

物件の構造とは、お部屋探しの時にみる「鉄筋コンクリート造」や「軽量鉄骨造」のことです。

 

なぜこれが分からないことがデメリットなのか。

 

構造によってメリットやデメリットがあるからです。

 

例えば、「鉄筋コンクリート造」や「軽量鉄骨造」の特徴は下記の通り。

メリット デメリット
鉄筋コンクリート造
  • 音が響きにくい
  • 冬は暖かい
  • 家賃が高い
  • 湿気が貯まりやすい
軽量鉄骨造
  • 家賃が安い
  • 音が響きやすい
  • 冬は寒い

 

ぼくは両方の物件に住んだことがあります。

それぞれのメリット・デメリットの詳細は下記記事を参考にしてください。

>>軽量鉄骨アパートと鉄筋コンクリートマンションの違い【メリット・デメリット】 |体験談

 

シェアハウスは共同スペースに他人がいます。

普通の賃貸物件より人との距離が近いため、他人の生活音が気になる人がいるでしょう。

 

そのため、物件の構造はかなり重要な検討材料です。

それがサイトから見れないのは痛いですね。

 

オークハウスの口コミ・評判

 

オークハウスのサイトで、入居者のインタビューが掲載されています。

 

\ 入居者インタビューを見る /

オークハウスで部屋探し

 

オークハウス|まとめ

特徴

  • ソーシャルレジデンス
  • オークハウスの初期費用について
  • 圧倒的な物件数

メリット

  • 毎月かかるお金は家賃+共益費のみ
  • キャンペーンでお得に契約できる
  • 物件ごとの男女比がわかりやすいサイト設計
  • 入居診査が徹底している
  • 最低契約期間は一ヶ月で良い
  • 女性専用の物件が充実している

デメリット

  • 2人で住む場合は、追加料金がかかる
  • 物件の構造が分からない

 

新生活を迎える人にとって、部屋探しは大きなイベントですね。

一度、シェアハウスを検討してみてはいかがでしょうか。

 

今回紹介したオークハウスの他にもシェアハウスを専門に紹介しているサービスについて紹介しています。興味があれば下記をチェックしてみてください。

 

この記事を見て「どうもシェアハウスは性に合わない」と思ったあなた。物件探しについては下記のサービスもブログ内で紹介しています。興味があれば、チェックしてみてください。

 

 

 

-賃貸・引っ越し

© 2022 Kerotaso Blog Powered by AFFINGER5