賃貸・引っ越し

ビレッジハウスの特徴と口コミ・評判は?【入居費用の安さのカラクリ】

 

この記事の内容

  • ビレッジハウスってどんなサービス
  • ビレッジハウスの口コミ・評判
  • ビレッジハウスのメリット・デメリット

 

けろたそ
ぼくも、部屋探しで色々苦労しました・・・。

 

新生活を始めるためワクワクしながら部屋探しをスタートするわけですが、これが本当に悩むんですよね。。

 

とにかくお金がかかる・・・。

 

そこで今回は『Village House(ビレッジハウス)』というお部屋探しサービスをご紹介します。

 

この記事でビレッジハウスの利用方法をメリット・デメリットを含めてご紹介します。

 

記事をダラダラ読みたくない、すぐにでもビレッジハウスについて知りたい人は下記のホームページをチェックしてみてください。

 

ビレッジハウス|特徴は?


特徴は?

 

『Village House(ビレッジハウス)』は、ソフトバンクグループ傘下の米国の投資会社である「フォートレス・インベストメント・グループ」が展開する賃貸・お部屋探しサービスです。

 

ビレッジハウスの特徴は下記の通りです。

  • 全国47都道府県に1,000物件以上、100,000室以上を展開
  • 家賃は20,000円台から、敷金・礼金・手数料・更新料・鍵交換が全て無料
  • 自分で部屋をカスタマイズできる
  • Village Houseが全ての部屋を管理しているので手続きが簡単
  • 耐震性能や移住面積など、国土交通省が定める基準を満たしている住居
  • 家賃は20,000円台から、敷金・礼金・手数料・更新料・鍵交換が全て無料

 

全国47都道府県に1,000物件以上、100,000室以上を展開

全国47都道府県、100,000室以上の部屋紹介はかなりの多さです。

 

例えばこのブログで紹介している、イエプラという部屋探しサービスと比べると一目瞭然。

サービス名 対応エリア
Village House(ビレッジハウス) 全国47都道府県
イエプラ 埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪、京都、兵庫、奈良

 

もちろん、それぞれのサービスの売りは違います。イエプラはチャットで専門スタッフが深夜0時まで部屋探しをしてくれるサービスです。

 

ただ対応範囲は限られます。その点、ビレッジハウスの全国47都道府県対応の広さの凄さがわかりますね。

 

イエプラについて実際に会員になって部屋探しを体験・レビューしてみました。興味がある方は下記記事をチェックしてみてください。

レビュー|イエプラで部屋探ししてみた【特徴と口コミ・評判は?】

続きを見る

 

家賃は20,000円台から、敷金・礼金・手数料・更新料・鍵交換が全て無料

敷金・礼金無料

©ビレッジハウス
 

下記はビレッジハウスで紹介している東京・八王子の物件ですが、確かに敷金・礼金・更新料がないですね。


物件、敷金なし

©ビレッジハウス
 

ただ、「場合によっては敷金預かりもある。」とのことなので、そこは問い合わせが必要ですね。敷金は返ってくる/返ってこないパターンがあるので、注意が必要です。返ってこないパターンは、退去時の清掃などに使われることが多いです。

 

物件の契約って、何が困るかって初期費用の高さなんですよね。

ビレッジハウスで入居時に必要になるお金は下記の通り。

入居時の料金

©ビレッジハウス
 

ただ、賃貸契約で損した経験をした僕が思うところは下記。

  • 初期費用は安けりゃ安いほどいい。
  • 不明点はわかるまで、しつこいと思われるほど質問するべき。

 

なので、契約は早い者勝ちですが、自分のためにも相手にに質問しまくって初期費用をなるべく抑えましょう。

 

〜契約する前に疑問を解決する〜

ビレッジハウスに問い合わせる

 

こちらもCHECK

賃貸物件の初期費用を安く抑える方法【交渉できる項目】

続きを見る

 

ビレッジハウスの安さの秘密

『Village House(ビレッジハウス)』敷金、礼金、更新料、手数料すべてが無料です。

多くの不動産屋がこの手数料で荒稼ぎをしているというのに。

 

なんで、無料なの?ちょっと怪しいんだけど・・・。

 

その理由は、雇用促進住宅をリノベーションして提供しているためです。

 

雇用促進住宅ってなに?
雇用促進住宅は、労働者の地域間移動の円滑化を図るため、雇用保険三事業(保険料は事業主負担)の雇用福祉事業により設置された勤労者向け住宅。 現在、(独)雇用・能力開発機構において、1,532住宅、3,838棟(141,722戸)所有。 約35万人が居住。
-厚生労働省

 

雇用促進住宅はもともと、独立行政法人である高齢・障害・求職者雇用支援機構(以下、JEED)という団体が運営しており、雇用保険の被保険者を対象に提供されていました。

 

しかし、2007年の厚生労働省の発表によると、JEEDが運営する雇用促進住宅事業を2021年までに廃止し、物件は民間企業や公的団体などに譲渡されることが決定しています。

 

ビレッジハウスは、これらの2017年1月に雇用促進住宅を一括買い上げし、リノベーションしました。

 

現在では全国にある雇用促進住宅を取り扱っています。

 

なので、普通の物件なら家主や保証会社が関わるため、その分ユーザーの負担が大きくなるわけですが、ビレッジハウスは管理をすべて行うことでユーザーの費用を安く抑えることができるんですね。

 

けろたそ
以上、HOME'Sの情報でした。^^

 

ビレッジハウス|評判・口コミ・感想は?


評価・口コミ

 

けろたそ
まずは、悪い評判から。

悪い評判まとめ

  • 隣人の外国人の騒音被害
  • 隣人の外国人のマナーの悪さ
  • 立地が悪い

 

たまちん
良い意見も行ってみよー。

 

良い評判まとめ

  • 入居費用が安い
  • 入居審査が緩い

 

ビレッジハウス|メリット2つ


メリット

 

圧倒的に安い初期費用

やはり、特筆すべきメリットは入居費用の安さ。

 

いまどき敷金、礼金、更新料、手数料無料の物件はほぼない。

 

ぼくもそのせいでどんだけ、物件をあきらめたことか。

 

今は、お金に余裕がない、とにかく費用が安けりゃ安いほどいいという人は、ビレッジハウスを検討してもいいかもしれません。

 

最大30,000円引っ越しサポート実施中

特典 内容
特典1:家賃からキャッシュバック 賃料1ヶ月分(上限3万円まで)の金額を初回の請求より差し引く。
特典2:カーテン&ライト カーテンとシーリングライトをご契約者さま限定価格(5%0FF)で上限3万円まで選べる。

 

上記の特典1と特典2の組み合わせ、合計3万円まで引っ越しサポートが受けられます。もちろん、片方でもOK。

僕なら、支出をできるだけ削りたいので、家賃に全振りしますね。

 

引っ越しは「ハート引っ越しセンター」ならを使う場合、下記の補助を受けられます。引っ越しサポート

©ビレッジハウス
 

〜入居サポートが充実〜

ビレッジハウスに問い合わせる

 

ちなみに、市内の引っ越しならぼくは「くらしのマーケット」が安くて便利なので使います。

くらしのマーケットについては、レビューを書いていますので興味のある人はチェックしてみてください。

こちらもCHECK

くらしのマーケット格安引っ越しを2回利用した感想【評判・見積もり】

続きを見る

 

ビレッジハウス|デメリット2つ


デメリット

 

ただし以下のようなデメリットもあります。

 

築年数が古い物件が多い
ビレッジハウスの物件は、もともと雇用促進住宅として使われてきた物件。なので物件としては、築年数が古い物件が多いです。

そこでビレッジハウスは、それらの物件をリノベーションしてユーザーに提供しています。

 

外国人のマナー問題

評価、口コミで調べたとおり外国人もよく受け入れているようなので、ビレッジハウスの口コミでは外国人のマナーの悪さがよく出てきます。

メリットでもある入居費用の安さが、ここでデメリットになってきました。

 

解約金がかかる

ビレッジハウスでは、原則24ヶ月以内の解約の場合、短期解約違約金が発生いたします。

  1. 12ヶ月以内の解約: 家賃3ヶ月分 + 退去時クリーニング費用 1,210円/㎡(税込)
  2. 24ヶ月以内の解約: 家賃2ヶ月分 + 退去時クリーニング費用 1,210円/㎡(税込)

これは大手不動産の解約金より高めですね。例えば僕の場合、半年以内に解約する場合家賃一ヶ月分(他費用あり)が解約金として支払わないといけません。

 

けろたそ
ビレッジハウスは、とにかく入居時の費用、家賃が安いことが最優先という人向けですね。

 

ビレッジハウス|評判や口コミ|まとめ

デメリット

  • 外国人のマナー問題
  • 解約金が大手より高い

 

メリット

  • 入居費用がとにかく安い
  • 物件が全国47都道府県にある

 

けろたそ
気軽に部屋の情報が欲しい時に、気軽に登録してみても良いんじゃないでしょうか。

 

いまはコロナで外出も控えたい、でもお部屋探しはやること多いし早い者勝ち。

そう言う人にはすぐにねっとで申し込み・部屋探しができるサービスが助けてくれます。

 

登録・部屋探しは完全無料なので興味がある人は一度体験してみてはいかげでしょうか。

 

 

 

-賃貸・引っ越し

© 2022 Kerotaso Blog Powered by AFFINGER5