賃貸・引っ越し

部屋探し|キャッシュバック賃貸の特徴、口コミ・評判は?【メリット・デメリット】

 

キャッシュバック賃貸を知ってますか。

そう、ご想像の通り賃貸で支払ったお金がキャッシュバックされるサービスのことです。

 

新生活での賃貸契約、引っ越しはとにかくお金がかかりますよね。

少しだけでも、キャッシュバックされればありがたい。

 

と、ここで疑問が。
どうやったら、お金が戻ってくるの?それって大丈夫?

 

こんな疑問にお答えします。

 

この記事を読めば『キャッシュバック賃貸』がどんなサービスなのか、特徴やメリット・デメリットについてわかります。

 

だらだらと記事を読みたくない。キャッシュバック賃貸の情報をすぐに知りたい人は下記の公式サイトをチェックしてみてください。

 

けろたそ
けろたそです。Kerotaso Blogを運営しています。その他、Twitterインスタグラムもしてます。

 

キャッシュバック賃貸の特徴

特徴

 

『キャッシュバック賃貸』とは、株式会社キャリアインデックスが運営する、入居決定で引越し祝い金が必ずもらえる賃貸情報サイトです。

 

物件数は業界最大級。全国の賃貸マンション・アパートの情報を多数掲載しています。

サービスの特徴がそのまま、社名になっています。

 

そんなキャッシュバック賃貸の特徴をみていきましょう。

  • 物件数は業界最大級
  • 最大10万円がキャッシュバック

 

キャッシュバック対象の物件数は業界最大級

 

そもそもキャッシュバックの対象物件は少ないんじゃないの?

 

いえ、結論から言うとキャッシュバック対象物件の範囲は、日本全国600万以上になります。

 

スーモ、マイナビ、アパマンショップ、ハウスコム、ハウスメイト、ミニミニ、レオパレス21、センチュリー21、エイブル等、だれもが一度は聞いたであろう有名企業が参画してます。

 

〜 物件数は業界最大級 〜

キャッシュバック賃貸

 

最大10万円がキャッシュバック

 

なぜ、そもそも”キャッシュバック”してくれるの?

 

理由は、『キャッシュバック賃貸』は、不動産会社からもらう広告費で運営しています。

 

広告費の一部を入居が決定したユーザーに引越し祝い金としてキャッシュバックしています。

 

さらに、仲介手数料無料など不動産会社独自の特典がある場合はその特典と引越し祝い金が両方もらえますよ。

 

けろたそ
広告費の一部をユーザーに還元してるんですね。

 

「家賃や敷金礼金等が高くなるようなことはございませんのでご安心ください。」と公式サイトに記載があったよ。
たまちん

 

キャッシュバックの条件は?

 

キャッシュバックの条件は下記の通りです。

 

キャッシュバック出来る例

  • キャッシュバック賃貸から、問い合わせた物件で契約した。
  • キャッシュバック賃貸から、問い合わせた不動産会社に別の物件を紹介されて契約した。


けろたそ
キーワードは「キャッシュバック賃貸のサイト経由で問い合わせをすること」ですね。

 

また、「キャッシュバック賃貸から、問い合わせた不動産会社に別の物件を紹介されて契約した。」場合もOK。

 

例えば、キャッシュバック賃貸対象の物件の内見に行って「あれ、あんま良くない。」と思って、同じ不動産会社に別の物件を紹介してもらってもキャッシュバックが受け取れます。

 

実際に内見すると、なんかイメージと違うことなんてしょっちゅう。

「その物件限定」では無いところがうれしい。

 

逆にこれはキャッシュバック出来ないよってケースもあります。

 

キャッシュバック出来ない例

  • キャッシュバック賃貸から一度も問い合わせていない
  • キャッシュバック賃貸から問い合わせていない不動産会社で物件を契約した
  • 賃貸契約の確認が取れていない

 

引っ越し祝い金の受け取りまでの流れ|ステップで解説

 

まずは、キャッシュバック賃貸【公式サイト】にログインして、会員登録をしましょう。


会員登録

©キャッシュバック賃貸
 

step
1
「キャッシュバック賃貸」で物件検索・問い合わせ

 

ここで「祝い金」が受け取れるかどうか決まるようなもの。

あくまで、一番最初からキャッシュバック賃貸を利用することを忘れずに。


物件検索

©キャッシュバック賃貸
 

駅・エリアごとに希望の物件がないか探していきます。

その他、「敷金0」「デザイナーズ物件」など多くの物件情報が掲載されています。

 

ここまでは大手の部屋探しサイトとまったく同じですね。

試しに「渋谷区、風呂トイレ別、マンション、1K」賃料安い順で物件を検索してみました。


物件探し

©キャッシュバック賃貸
 

上記の赤い印がキャッシュバックされる金額です。物件、部屋ごとに金額が異なります。

 

「詳細を見る」をクリック


物件の詳細

©キャッシュバック賃貸
 

物件の写真など、詳細が表示されます。

「お問い合わせ(無料)」をクリック。


問い合わせ
©キャッシュバック賃貸

 

その物件の取り扱い不動産が表示されます。

キャッシュバックに必要な個人情報の入力をしてください。

 

注意

【体験談】

今後、このキャッシュバック賃貸に限らず不動産会社とやりとりをする場合は記録を絶対に残しておきましょう。メール、チャット、写真、音声なんでもOKです。あとで「言った、言わない」になった場合、あなたが不利にならないためです。

僕は、不動産とのやりとりは全てYahoo!メールを使用しました。不動産には「普段電話には出れないので、メールにして欲しい。」と伝えた上でやりとりをしています。

 

step
2
入居決定|お部屋を契約

 

お部屋が決まったら、不動産管理会社に来店して、契約完了させます。

 

step
3
キャッシュバック申請

物件の契約が終わったら、さっそくキャッシュバックの申請をしましょう。

 

最初のお部屋のお問い合わせから、60日以内にマイページからキャッシュバック申請を行ってください

 

けろたそ
問い合わせから60日以内の申請が必須です。

契約完了したらすぐに申請しましょう!!

 

step
4
祝い金のキャッシュバック

 

待ちに待った、祝い金キャッシュバックです。

ユーザーの口座にお金が振り込まれます。

 

キャッシュバック申請をした後、審査に通常5~30日程度かかります。

お客様の口座に引越し祝い金をお振込いたします。(お振込みは審査完了後となります)

 

キャッシュバック賃貸|メリット2点

メリット

 

『キャッシュバック賃貸』のメリットを紹介します。

まとめると下記の2つです。

  • キャッシュバック賃貸のサイトから問い合わせるだけ
  • 部屋探し、問い合わせるだけなら無料

 

けろたそ
それぞれみていきましょう。

 

キャッシュバック賃貸のサイトから問い合わせるだけ

『キャッシュバック賃貸』の使い方は、とても簡単。

 

キャッシュバック賃貸で部屋を探して、提携している不動産仲介業者に問い合わせて契約、契約後にキャッシュバックの申請をするだけ。

 

いつもと違うところは「キャッシュバック賃貸」を利用しているかどうかだけ、簡単ですね。

 

部屋探し、問い合わせるだけなら無料

 

前述通り、キャッシュバック賃貸で部屋を探して、提携している不動産仲介業者で契約、申請をするだけでキャッシュバック対象です。

 

しかも、お金が発生するのは、不動産管理会社に行って、部屋が決まって契約するときだけ。

つまり、お金が必要なのは普通に物件契約した時のみ。

 

問い合わせに対して、お金は一切かかりません。

 

〜 問い合わせは無料 〜

キャッシュバック賃貸

 

キャッシュバック賃貸の特徴|デメリット2点

デメリット

 

次は、逆に『キャッシュバック賃貸』のデメリットを紹介します。

デメリットは大きくまとめて下記2点です。

  • 物件によりキャッシュバックの金額が違う
  • キャッシュバックルールが厳しい

 

たまちん
さっそく、行ってみよー。

 

物件によりキャッシュバックの金額が違う

 

キャッシュバックしてくれるお金は、最低5,000円〜最大100,000円です。

さらに、物件・部屋によって返ってくるお金が違います。

 

申請をして受け取るお金が5千円では、めんどくさい方が勝っちゃうかもですね。

 

また、このブログで紹介している同じくお祝い金(キャッシュバック)制度のある賃貸紹介サイト『DOOR賃貸』は最低金額が15,000円と高額です。

「DOOR」賃貸に興味が出た方は、下記の記事・公式サイトをチェックしてみてください。

 

公式サイト

 

キャッシュバックルールが厳しい

 

いくつかのルールがありますが、ここでは「キャッシュバックを受け取れない条件」を確認しておきましょう。

 

下記の項目に当てはまる場合は、残念ながら引越し祝い金を受け取ることができません。

  • キャッシュバック賃貸からお問い合わせする前に、不動産会社と連絡をとった場合、もしくは既に店舗に訪問している場合
  • 申請した不動産会社(店舗)に他媒体からもお問い合わせしている場合
  • 問い合わせ時にWEBフォームを利用していない場合
  • 短期間に入居と退去を繰り返す場合
  • その他弊社が不適切と判断した場合

 

このルールだと、例えば「キャッシュバック賃貸」を利用する前に、個人的に最初にその不動産に問い合わせしたらアウトですね。

あくまでキャッシュバック賃貸からの問い合わせが、一番最初であること。

 

ただ、繁忙期特に2月からは人気の物件はすぐに埋まります。すぐに行動が必要。

キャッシュバックしたい人は、はじめから「キャッシュバック賃貸」を利用しましょう。

 

キャッシュバック賃貸の評判・口コミ

 

お金が戻ってくる|キャッシュバック賃貸まとめ

特徴

  • 物件数は業界最大級
  • 最大10万円がキャッシュバック

メリット

  • キャッシュバック賃貸のサイトから問い合わせるだけ
  • 部屋探し、問い合わせるだけなら無料

デメリット

  • 物件によりキャッシュバックの金額が違う
  • キャッシュバックルールが厳しい

 

物件契約はかなりのお金が必要です。

少しでもお金が戻ってくるなら嬉しい。

問い合わせに、いっさいのお金が必要ありません。

 

繁忙期は部屋の取り合いです。

4月に新生活をスタートする人は、早くて12月から部屋探しを始めています。

物件を見ておくだけでも、始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

このブログではこんな感じで一人暮らしで得た引っ越し、お金の問題、生活改善情報を発信しています。

興味がある人は下記の記事もチェックしてみてください。

 

-賃貸・引っ越し

© 2022 Kerotaso Blog Powered by AFFINGER5