お金のこと 賃貸・引っ越し

【賃貸の罠】家賃以外に必要になる費用を見逃すな

この記事はこんな方におすすめ

  • 部屋探しをしている人
  • できるだけ固定費を下げたい人
  • 家賃以外にかかる費用について知りたい人

 

どうも、管理人のけろたそです。

 

この記事では部屋探しの時に、最も気になる「家賃」ではなく、それ以外にかかる費用についてお話します。

 

けろたそ
みなさん、家賃だけに目が行きがちではないでしょうか。

 

しかし、家賃以外の費用を計算に入れないと無駄なお金がかかってしまいます。

 

この記事を読めば、家賃以外に必要になる費用が学べます。

けろたそ
けろたそです。Kerotaso Blogを運営しています。その他、Twitterインスタグラムもしてます。

家賃以外にかかる費用

家賃以外にかかる費用

 

例えばお部屋探しサイトSUUMOを見たときに、「これ何の費用?」って思ったことありませんか?実は管理会社によっては、家賃以外の必要経費を記載していない(契約時に説明)ところもあります。

 

ここで説明する項目は、家賃以外で実際に毎月お金を取られます。

 

もちろん、これらがない物件もあります。

 

たまちん
嫌な人は部屋探しの時。避けたほうが無難です。

 

ぼくがいままで家賃以外でかかる費用を見たのは下記の通り。

  • 管理費・共営費
  • 保証料
  • 更新事務手数料
  • CATV
  • 水道代
  • 振込手数料
  • 町会費

 

今回紹介する費用については、お部屋紹介サイトの「SUUMO」を参考にしています。

では、それぞれ見ていきましょう。

 

また初期費用でかかるお金、初期費用の抑え方は下記記事を参考にしてください。

参考賃貸物件の初期費用を安く抑える方法【交渉できる項目】

続きを見る

 

管理費・共営費

これは物件を管理・保守するための整備費用です。

 

基本的に、交渉して下げることは不可能です。
「家賃+管理費・共営費」と考えて毎月かかる固定費を計算したほうがいいでしょう。


管理費

©SUUMO
 

エレベーターがついているマンションは、費用が高い場合が多いです。

 

保証料

保証料とは、物件の保証会社に支払われるお金です。

保証会社は家賃が支払われない場合、家主に対してその滞納分を立て替え払いする組織。

 

つまり、メリットがあるのは家主だけで、実際に部屋に住む我々にはメリットが全くありません。保証してくれるのは家主だけなのに、僕らがその保証料を払うとんでもない制度ですが、従うほかありません。


保証料

©SUUMO
 

これも値下げ交渉は不可能です。

賃貸ではすでに保証会社が指定されています。

 

支払いのパターンは下記です。

保証料

©Rooch
この表、やばくないですかね。

僕が選ぶ物件は「初回のみ」一択です。

 

正直、毎月自分にメリットもない料金なんか払いたくないし、長く住めば住むほど損をします。すぐに退去する予定の人は、「毎月のみ」もいいですが、本当に嫌な仕組みですよね。

 

基本、知らない人からはお金を搾り取る世の中なので、しっかり知識武装しましょう。

 

更新事務手数料

一番、意味が分かりませんよね。悪質です。

 

一般的には家賃の1ヶ月から2ヶ月というのが更新料の相場となっています。

僕がよく見る一人暮らしの物件は、更新料が2年毎に2万円が多い。

 

契約期間は2年間であることが多いので、家賃5万円の物件であれば2年ごとに家賃とは別に5万円払わないといけないんですよ。

更新事務手数料

©SUUMO
 

 

更新といっても壁紙を新しくするわけでもない、設備をきれいにするわけでもない、ただの「書類上の更新」です。
まじで、意味わからん。

 

ちなみに管理会社が契約時にすすめてくる火災保険も相場は2年毎に2万円の更新料がかかります。
火災保険は個人で加入するべき。こちらの記事で詳しく書いていますので、興味のある人はご覧ください。

参考火災保険は自分で加入するべき【賃貸物件の初期費用を安くできる】

続きを見る

 

CATV

CATVとはケーブルテレビの料金です。

家主が物件ごとに契約しています。


CATV

©SUUMO
 

メリットとしては、電波が届きにくい地域・悪天候でも影響されずテレビが見れることと、ネット代が割り引かれることです。

このCATVがある物件は、ネットが無料の場合が多い。

 

でも僕としてはデメリットのほうが多いですね。

  • テレビを見ないのに料金が発生する
  • ネット速度が遅い

 

まずテレビを見なくても(持っていなくても)月額料金がかかるNHKみたいなルールです。
使ってないものから金とるな。

 

CATVと記載する物件は、ネット料金が無料の場合が多い。
一見、お得と思いますが「ネット速度が遅い場合が多い」というデメリットもあります。

 

CATVを使用するインターネットは有線ケーブルが多く、光回線より速度が遅くなります。
僕が問い合わせた物件は、「最大100Mbps」でした。利用が集中するとより遅くなるでしょう。

 

けろたそ
ちなみに僕の今住んでいる物件は最大「1Gbps」ですが、これでも利用が集中する場合、遅く感じることがあります

 

ケーブルテレビをよく使用する人にはいいかもですが、テレビも無くネット中心の生活をする人にとって、選ばないほうがいいと思います。

 

水道代

水道代が固定となっている物件もあります。

これは人によって特にメリット・デメリットがわかれますね。

 

メリットは、水道が使い放題ということ。

 

個人的な意見ですが、僕はメリットのほうが大きい。

  • 自炊をする
  • 洗濯を毎日する
  • 毎日、湯船にはいる

 

ぼくは騒音被害で退去した時の水道代が、上記の使い方で月2,100円ほどでした。

なので水道代固定費が、1000円台であればお得です。

 

一人暮らしの平均水道代は下記のとおり。

近年の水道代の平均は1,900円前後で、2019年のデータからは年間平均23,052 円であることがわかります。 なお、水道代は2ヵ月に一度の請求の地域が多いため、一人暮らしの場合は1回の請求額につき4,000円程度であれば、平均的な水の使い方ができているといえるでしょう。

引用:カルモマガジン

 

デメリットは、水道を使わなくても水道代がかかるので、「留守が多い」「風呂はシャワーで済ます」など、人にとっては割高になりますね。

 

振込手数料

家賃は基本、通帳からの振り込みです。

一部、初期費用はクレジットカード決済できる物件もありますが、レアなケースです。

 

ただ家賃を払うだけならいいんですが、多くの場合振り込み手数料がかかります。

相場については、ホームズのサイトに記載がありました。

振込手数料の金額については、次の3つの要素に応じて、無料〜800円くらいの範囲内で金額が変動します。
引用:ホームズ

 

僕がよく見る金額は、350円です。

仮にこの料金だったとして振り込み手数料だけで、年間4,200円ですよ。
振り込み手数料

©SUUMO
 

 

けろたそ
ぼくの場合、初回に払った保証料に毎月の振り込み手数料も含まれています。優秀です。

 

管理会社、保証会社によって決まりますのでチェックしましょう。

 

町会費

町会費も必要な物件もあります。

ファミリーで過ごす分譲住宅や一軒家ならまあ我慢しますが、賃貸に住む学生からしたらたまったもんじゃない。


町会費

©SUUMO
 

物件により必要なところがありますから、要注意。

安いところでは、月額100円。高いと1,000円くらいする物件もあります。

 

けろたそ
もちろん、僕の住んでる部屋は町会費なしの物件です。^^

 

【まとめ】家賃以外の費用をチェックする方法

 

本日紹介した「家賃以外で必要になる諸費用」は下記。

  • 管理費・共営費
  • 保証料
  • 更新事務手数料
  • CATV(ケーブルテレビ代)
  • 水道代
  • 振込手数料
  • 町会費

 

いろいろあってめんどくさいですよね。これらの情報知らないと損。

 

僕は部屋を問い合わせるタイミングで「家賃以外で毎月、定期的に必ず発生する費用を全て教えてください。」と聞いています。

 

これは、かなり有効です。注意点としては必ずメールを使用して文章を残してください。返信されたメールを証拠として保存しておきましょう。初期費用、火災保険についても同じタイミングで問い合わせましょう。

賃貸物件の初期費用を安く抑える方法【交渉できる項目】

続きを見る

火災保険は自分で加入するべき【賃貸物件の初期費用を安くできる】

続きを見る

 

管理会社はあの手この手でお金を取ろうとしてきますから、知識がない人はカモです。

 

SUUMOなど部屋紹介サイトで大体は確認できますが、管理会社によって全てが記載されていない物件もあります。契約時に言われて「まあ、しょうがないか」と納得してしまうパターン。

 

知ってるのと知らないとでは全く違う。部屋を借りる側が損する世の中はクソ。

-お金のこと, 賃貸・引っ越し

© 2022 Kerotaso Blog Powered by AFFINGER5