お金のこと 賃貸・引っ越し

入居、引っ越しを安く済ませる方法まとめ【新生活一人暮らし】

 

新生活のスタートを予定している人、待ち遠しいですよね。

中には地元を離れて、一人暮らしを始める人も多いのではないでしょうか。

 

そのためにはまず、住む物件を探して、引っ越しが必要です。

ただ、あなたが思ったよりもお金がかかるんです。

 

ぼくも新卒の頃、親元を離れて一人暮らしを始めましたが、30万円は余裕でかかりました。

 

少しでもこの費用、安くしたいですよね。

そこで僕の実体験もふくめ、少しでも入居費用・引っ越し費用を安くする方法をお伝えします。

 

けろたそ
けろたそです。Kerotaso Blogを運営しています。その他、Twitterインスタグラムもしてます。

入居費用・初期費用を安くする方法|物件の契約

入居費用

 

まずは新生活で住むお部屋を探すところからですね。

ここでかかるお金は、入居するために必要な初期費用。

 

できるだけ安く済ませるために、僕の体験談を踏まえてお話ししていきます。

 

方法としては下記の通り。

  • 複数の管理会社に初期費用の見積もりを依頼する
  • 初期費用は安くできる項目がある

 

けろたそ
では、詳しくみていきましょう。

 

複数の不動産管理会社に初期費用の見積もりを依頼する

 

みなさんお部屋を契約するために不動産管理会社に来店しますよね。大手で言うとミ●ミニやア●マンショップのことです。

 

希望通りの物件が見つかったら、複数の不動産管理会社に初期費用の見積もりを依頼してみてください。

理由は、初期費用の相場を知るため。

 

一般的にマンションなどの物件は、複数の不動産管理会社が契約していて、みなさんはその中から好きな管理会社と契約をします。

たまちん
例えば、A号室は〇〇不動産が、B部屋は▲▲不動産で契約みたいになってます。

 

みなさんは、できるだけ多くの不動産に見積もりをもらってみてください。

不動産によって初期費用がかなり違うことがわかります。

 

初期費用を安くするためには、相場を知ることがとても大切です。

 

初期費用は安くできる項目がある

 

 

契約のために初期費用(入居のために払うお金)を支払うわけなんですが、信じられないくらい本来は払わなくていいレベルのオプションが最初から組み込まれているんです。

 

なぜかというと、不動産管理会社は契約するまでが仕事なので、できるだけ多くの手数料でもうけたいからです。

 

で、どうすれば良いのって話なんだけど、

入居でかかる初期費用をチェックして、必要のないオプションは断りましょう。

 

初期費用について、よくある項目は下記の通り。

  • 敷金
  • 礼金
  • 前家賃
  • 日割り家賃
  • 仲介手数料
  • 火災保険
  • 害虫駆除費
  • 安心入居サポート
  • 鍵の交換費用

 

けろたそ
物件により差がありますが、入居するためにかかる費用はこのような感じです。

 

その中で安くできる・交渉できる項目は下記の通り。

  • 前家賃
  • 仲介手数料
  • 火災保険
  • 害虫駆除費
  • 安心入居サポート

 

家賃の値下げは、不動産仲介業者を通して保証会社または個人家主と交渉になります。

 

もちろん家賃交渉は相手の出方次第になってきますが、ぼくは月々の家賃を1,000円値下げしてもらいました。年間だと12,000円安くなってますね。ダメ元で家賃交渉はやってみてください。

 

さて、それ以外の項目なんですが、これは本来必要のないものが多い。

結論をいうと下記の通り。

  • 仲介手数料:払うのは最大0.5ヶ月分
  • 火災保険:個人で契約することで安く済む
  • 害虫駆除費:必要ない
  • 安心入居サポート:必要ない

 

どうでしょうか、無駄な項目が多いですよね。

僕はこれらを交渉した結果、最初に提示された初期費用から約8万円安く済ませることができました。

 

詳細は下記の記事にまとめていますので、興味がある人はチェックしてみてください。

 

 

「敷金・礼金」は安くならないの?ってよく聞かれるんだけど、これは難しい。

敷金は退去する時に傷ついた箇所やクリーニングに使われる費用。

 

礼金は慣習として家主に払うお金。(意味わからんよね。)

だから敷金・礼金は安くならないと思ったほうがいい。

 

たまちん
交渉できる費用、できない費用をチェックして、できるだけお得に契約できるようにしよう。

 

また、初期費用の敷金・礼金・手数料・更新料・鍵交換が全て無料という不動産もあります。下記記事に詳しく記載しているので興味のある人はチェックしてみてください。

 

 

引っ越しを安くすませる方法

引っ越し

 

住む部屋が決まったら、次は引っ越しですね。

引っ越しもお金がかかります。

 

できるだけ引っ越しを安く済ませる方法をご紹介します。

 

方法は下記の通り。

  • 引っ越し一括見積もりサイトを利用する
  • 単身引っ越しパックを使用する
  • 閑散期に引っ越しをする
  • 家族・友人に手伝ってもらう

 

たまちん
さっそく、行ってみよ〜。

 

引っ越し一括見積もりサイトを利用する

 

引っ越し料金を安くするために最も大切なことは、複数業者に相見積もりを取ることなんです。

複数業者それぞれに見積りを依頼するなんて、本当に面倒ですよね。

 

しかし、引っ越し一括見積もりサービスならwebで簡単に見積もりができちゃうんです。

 

一番有名なサービスが『引越し侍』ですが、他にも複数のサービスがあります。

登録・見積もりまでは各社無料なので、引っ越し相場の把握をするために使用してはいかがでしょうか。

 

引っ越し一括見積もりサービスの良い所

  • 複数の業者に1度に見積もりが取れる
  • 引っ越しの相場を知ることが出来る

 

見積りを取ることで引っ越しの予算も把握できますね。

 

けろたそ
部屋探しでも何でもそうですが、「相場を知ること」は何より重要なんです。

 

webで簡単引っ越し見積もりが出来るサービスは下記の通り。

サービス名 提携引っ越し業者 見積もりにかかる料金
引越し侍 330社以上 無料
ズバット 引越し比較 220社以上 無料
引越し達人セレクト 65社以上 無料

 

選ぶポイントは提携している業者の数です。

それだけ、相場を比較することが出来ます。

 

たまちん
それぞれのサービスが大手から地元業者まで提携してるから、自分に合った引っ越し業者を選べるね。

 

単身引っ越しパックを利用する

 

単身引っ越しパックとは、決まったサイズのコンテナで荷物を運ぶサービスです。

 

メリットは輸送コストが安くなる分、支払うお金が安く住むこと。

デメリットは、運べる荷物が決められていることでことと、利用エリアが限られていることです。

 


単身引っ越しパック

 

また、単身引っ越しパックを対応している業者は、「ヤマトホームコンビニエンス」、「日本通運」のみです。

 

閑散期に引っ越しをする

 

引っ越しは、需要が多くなる繁忙期と需要がすくなくなる閑散期があります。

 

繁忙期は、3-4月。新生活を始める人がどっと増える期間ですね。

 

なのでそこをあえて避けて、閑散期の時期に引っ越しをするだけで料金を安くすませることが出来ます。

 

一般的に閑散期は、6月、10月、12月です。

値下げ交渉がしやすいのもこの時期。

 

けろたそ
ただし、この時期に引っ越しが決まっている人はラッキーですが、4月から新生活がスタートする人はそうはいきませんよね。

 

早めに引っ越し・入居すれば、それだけ家賃が発生するのでやはり一番引っ越しが多い時期は3月になってきますね。
たまちん

 

 

家族・友人に手伝ってもらう|荷物を自分で運ぶ

一番引っ越しを安く済ませる方法は、家族や友人に手伝ってもらうことです。

 

荷物を運ぶ車やトラックをレンタル代するくらい、あとは必要に応じて謝礼を払うくらいで済みますね。

ただ、荷物を自分で運ぶことになるので時間がかかります。僕は腰痛があるので無理。

 

引っ越しの業者の動きをみているととてもテキパキしていて、単身引っ越しの場合1時間で荷物の搬入が終わりました。

プロの仕事は流石ですね。

 

くらしのマーケットを使ってみた【体験談】

 

引っ越しはやることが多くて面倒ですよね。

 

  • 引っ越しの見積もり、相場の確認
  • 引っ越し業者を決める
  • 引っ越し業社との業者とのやりとり

 

引っ越しはこれらの手続きをしないといけない。正直、面倒臭い。

で、ぼくが当時引っ越しに使ったのはくらしのマーケットというサービスなんだ。

 

くらしのマーケットなら、この面倒臭いことも同じサービス内で完結ことが出来るんです。

 

『くらしのマーケット』のサービス内では、業者とチャットで連絡ができるから、引っ越しのことで相談があればわざわざ電話やメールしなくてもいい。

 

ぼくも便利だから引越しで2回も利用させてもらった。

 

引っ越しを依頼するのは、テレビで知っているような大手業社じゃなくて個人業者や地元業社なんだけど、サービスが悪いと思ったことは一度もなかった。

 

それで大手業社よりも格安だからかなりお得なんだ。

 

くらしのマーケットについては下記の記事で詳しくまとめているから、興味のある人はチェックしてみてください。

 

公式ホームページ

 

まとめ|入居費用・引っ越しを安く済ませる方法

 

入居費用・初期費用を安くする方法

  • 初期費用の必要のない項目は断る
  • 火災保険は自分で加入する

 

引っ越しを安くする方法

  • 引っ越し一括見積もりサイトを利用する
  • 単身引っ越しパックを利用する
  • 閑散期に引っ越しをする
  • 自分で運ぶ(家族・友人)

 

新生活にはとにかくお金がかかりますね。

決して安くない金額、少しでも安く済ませて希望に満ちた新生活をスタートしましょう。

 

このブログでは部屋探し、引っ越しについての経験と情報を発信しています。興味のある人は下記の記事もチェックしてみてください。

-お金のこと, 賃貸・引っ越し

© 2022 Kerotaso Blog Powered by AFFINGER5