賃貸・引っ越し

一人暮らし|賃貸に入居した時、やること7個【退去する時の対策】

 

賃貸契約決まった。!! 入居前にやることが知りたいな。

 

そんな疑問にお答えします。

 

けろたそ
けろたそです。引越し経験は3回、今も賃貸で一人暮らしをしてます。Kerotaso その他、Twitterインスタグラムもしてます。

 

この記事で紹介したことをやると、やらないとでは退去時の費用に差が出てきます。

結論を言うと下記の7つのことをやれば安心です。

  • 部屋の写真をとる【証拠写真】
  • 水回りのコーティング
  • バルサンを焚く【防虫効果】
  • お風呂のカビ予防
  • キッチンの換気扇にフィルターを取り付ける
  • 洗濯機の底上げ
  • 冷蔵庫の下にマットを引く

 

たまちん
では、早速行ってみよー。

 

部屋の写真をとる【退去する時の原状回復費用はぼったぐられる可能性あり】

写真
賃貸物件に入居した時、荷ほどきや家具を配置する前に部屋全体の写真を撮影しておきましょう。

理由は、退去時の証拠写真とするため。

 

退去する時、自分が傷つけたり汚したりしていないのに修繕費を取られたらたまったもじゃないですよね。

原状回復と言ってお金を不当に請求してくる業者は本当に多い。悲しいですが、用心のためです。

 

正直、原状回復を勘違い(知ったうえで)してる業者もかなり多いので注意。

■原状回復の範囲
通常の使用方法で生活を送る中、自然と劣化していくものに関しては、経年劣化と判断されています。たとえば、壁紙や床の日焼けによる色褪せ、家具や家電を設置したときに生じる床のへこみ、画びょうを指したことによる小さな穴などが該当します。これらは経年劣化や通常消耗と考えられ、入居者に原状回復費用の負担を求めるものではありません。

しかし、物をぶつけたり落としたりしたことで床やドアなどに生じたへこみやキズ、煙草のヤニによって汚れや臭いが付着した壁紙、部屋や水回りの掃除を怠ったために室内や浴室に発生したカビなど、入居者の過失によって生じた損傷や汚れについては、入居者に原状回復の義務が求められることになります。

引用:三井不動産レジデンシャルリース株式会社

 

けろたそ
ようするに故意、過失で生じた傷や汚れはお金を払う必要はあるけど、普通に生活してできる劣化などにお金を支払う必要はないと言うことですね。

 

悪質な業者にクリーニング代、原状回復費用をぼったぐられる可能性を少しでも低くするために、入居した状態の写真を撮影しておきましょう。

 

どんな写真を取ればいいの?

  • 汚れが気になる箇所
  • 壁紙など破損箇所
  • 部屋全体をまんべんなく

 

結論、部屋全体〜細かい箇所までたくさん写真をとりましょう。^^

 

そして、その写真は退去する時まで保管しておいて、退去費用をボッタグラれそうになった時に証拠写真として提出しましょう。

 

水回りのコーティング

水回り

 

これは自分で掃除する人は、やっておいた方が絶対にいいですね。

水回りのコーティングは自分でできます。

 

これはやる・やらないとではあとの掃除や水垢のつき具合が全然違う。

僕は「超撥水剤弾き」スプレーを使っています。

 

写真をみていただくとわかるように、スプレーを吹きかけると水をはじいているのが分かります。

 

たまちん
効果あるの?
けろたそ
暮らしていくと違いが分かるよ。

 

一番実感したことは、水垢がつかないことです。
きれいに使っても、水を流すとどうしても水垢がついてしまいます。

 

このスプレーを使うと水を弾くため、水垢防止になるのでしょう。

ちなみに僕がスプレーを使っている箇所は下記です。

 

  • 洗面台
  • 風呂(壁・床)
  • キッチン

 

完全に主観的な感想ですが、かなり水回りの掃除が楽になりました。

 

 

バルサンを焚く【防虫効果】

バルサン

 

賃貸契約の初期費用を安くするために、防虫対策は除外しましょう。

初期費用について、詳しくは下記の記事をご覧ください。
>>賃貸物件の初期費用を安く抑える方法【知らないと大損です】

 

防虫対策は、自分でも出来ます。

方法は、市販のバルサンを炊くだけ。^^

 

バルサンを焚く場合、下記のことに注意しましょう。

 

  • 火災報知器に袋をかぶせる
  • 部屋・窓を閉め切る
  • クローゼット、戸棚を全開にする
  • 終了後の換気と床ふき

 

一番気をつけるべきことは、火災報知器に袋をかぶせることです。

理由は、火災センサーの誤検知を防ぐため。

 

荷物を運び終えてからバルサンを焚くときは、荷物をシートなどで覆ってください。

 

僕が使った霧タイプのバルサンは、センサーに引っかからないみたいですが、念のためです。

 

またバルサン使用中は、部屋の中が煙(霧)で充満します。

けろたそ
カーテンをつけないですると、外からだと火事と誤解されますので。

玄関などに「バルサン焚いてます」と張り紙をしておくのも有効です。

 

必ず部屋の窓を閉め切りましょう。
バルサンの煙はにおいがあるため、近隣の洗濯ものににおいがつくかもです。

 

バルサンの効果を部屋中に有効にするために、部屋の中のクローゼットや戸棚を全開にしましょう。
虫は暗いとことに隠れていますので、それで一網打尽にします。^^

バルサンは一時間くらいで終了します。

 

終わったらすぐに部屋を換気して、床も掃除しましょう。
床に虫の死骸が落ちてることがあります。

 

 

お風呂のカビ予防

風呂

 

お風呂は前述した撥水剤弾きスプレーを吹き付ける以外に、カビ予防として「おふろの防カビくん煙剤」を使いました。

効果は主幹なんですが、パッキンの黒カビがまだ出ていない限り効いているんじゃないかと・・^^

 

これはバルサンと同じで浴室において、一時間くらい蒸気を充満させて防かびをします。

 

浴室は、部屋の中で一番湿気がたまります。

なので撥水剤弾きスプレーに加えて、日々の換気を忘れずにしておきましょう。

 

ちなみに、以前浴室の掃除をお掃除本舗にお願いしましたが、結構な費用がかかります。
よろしければ、下記の記事をご覧ください。
>>おそうじ本舗にエアコン・浴室・洗濯パンの掃除を依頼【結果と料金を公開】

この時はこういった防かび対策をなにもせず使用してました。

 

 

キッチンの換気扇にフィルターを取り付ける

キッチン

 

キッチンの掃除をしたことある人は分かると思いますが、キッチンフィルターはほこりだけじゃなく油もつきます。

まじで汚ねぇ・・・。
個人で掃除できますが、手間も時間もかかります。

 

キッチンフィルターを貼っておけば面倒な掃除しなくても、フィルターを張り替えるだけでOK。

ちなみに下記に購入リンクを張りましたが、100均やSeriaでも同様のモノが購入出来きますのでおすすめですよ。

 

 

洗濯機の底上げ

洗濯機

 

僕は洗濯機の底上げをしています。

理由は下記です。

  • 掃除がしやすい
  • 防音

 

洗濯機のしたは洗濯板といって、賃貸であれば設置していることが多いですね。

実はここゴミや水垢がたまりやすく、非常に汚れやすいです。

 

洗濯機どかして掃除するのはマジで大変。

そこでこの底上げ用のアイテムがあれば10cmは洗濯機が高くなるので、掃除しやすくなります。

 

防音についは、前述したような効果があります。
僕は朝早く、夜遅く洗濯することが多いのですが、まだ苦情は来てないです。笑

 

ただこれは物件の構造にもよります。

 

僕は現在、遮音性が一番高いと言われるSRC構造の賃貸に住んでいます。

軽量鉄骨造に住んでいた頃のエピソードは下記の記事を読んでみてください。
>>【後悔】軽量鉄骨の物件に住んでみてわかったデメリット

 

少なくとも掃除のしやすさは段違いです。

防音はまだ住民に怒鳴り込まれてないからOK.

 

冷蔵庫の下にマットを引く

洗濯機

 

冷蔵庫の下に引く専用のマットがあります。

マットを引く理由は、床を傷つけないから。

 

退去の時、大型家電や家具などがおいてあった場所に傷や凹みがあると、原状回復費や修理代を請求される場合があります。

 

ただし、こういった家電や家具を配置したあとの凹みなどはお金を請求されるものではありませんが、悪徳業者だとこちらが知らないと思ってぼってくる心配もあります。

 

心配な時はこのマットを冷蔵庫の下にひきましょう。

冷蔵庫を動かしたい時、いい感じで滑るので動かしやすい。

 

たまちん
マットが透明だから、部屋のレイアウトも邪魔しないからいいね。

 

 

賃貸に入居した時、やっておくべきこと まとめ

まとめ

 

賃貸物件に入居する前にやっておくべきことまとめです。

  • 部屋の写真をとる【証拠写真】
  • 水回りのコーティング
  • バルサンを焚く【防虫効果】
  • お風呂のカビ予防
  • キッチンの換気扇にフィルターを取り付ける
  • 洗濯機の底上げ

 

引っ越ししてきて思いましたが。知ってるだけで後々自分に有利になるものばかりです。

これらをしないと退去時にクリーニング代や原状回復費の不正請求の口実になってしまいます。

 

本日、紹介したこと全部やっても数千円で済みます。
今後の生活も楽になるから、とってもおすすめですよ~。

 

このブログでは賃貸一人暮らしの経験や生活改善情報を書いています。興味がある方は下記もチャックしてみてください。

-賃貸・引っ越し

© 2022 Kerotaso Blog Powered by AFFINGER5