生活 賃貸・引っ越し

部屋探し・引っ越しのおすすめの時期【一人暮らしの新生活】

引越し先が決まりましたので、今度不動産屋にいって契約してきます。^^

この記事ではいつから物件を調べていたのか、物件を探すべき時期についてお話しします。

 

けろたそ
けろたそです。Kerotaso Blogを運営しています。その他、Twitterインスタグラムもしてます。

 

部屋探し・引っ越しの時期【単身・一人暮らし用物件】

物件探しの時期

 

引っ越しの時期とタイミングについては、下記の時期に分割してそれぞれ説明していく。

あと、僕自身も違う時期にそれぞれ単身引っ越しをしたので、体験談もあわせて紹介していきます。

 

単身引っ越し、単身用の物件について、まとめると下記の表の通り。

時期によって本当に部屋が探しやすかったり、引っ越しの予約が取りやすかったりするんだ。

 

期間 お部屋探し 引っ越し
1〜3月 繁忙期
空き物件が多いが、日を追うごとに部屋が埋まる
繁忙期
日を追うごとに予約が取りづらくなる。料金も他に比べ高め
4月〜5月 カップル、ファミリーが多い
空き物件は少なめ
予約が取りやすい
6〜8月 余裕を持って探せる
空き物件は少なめ
予約が取りやすい
9月〜10月 転勤、単身赴任のニーズが増える
余裕を持って探せる
空き物件は少なめ
予約が取りやすい
11〜12月 余裕を持って探せる
空き物件は少なめ
予約が取りやすい

 

けろたそ
では、実際に体験談も踏まえて、詳しく説明していきます。

 

1月~3月|繁忙期、とにかく早く動くこと

 

一番、お部屋探しが難しくて、引っ越しの予約が取りづらいのが毎年1月~3月なんだ。

 

理由は下記の通り。

  • 進学・就職・転勤などで4月から新生活をスタートする人が増える。
  • 一番空室が出る。

 

4月からの新生活、進学先、就職先、転勤先が決まってこれから住むための部屋を探すためにみんな行動を開始する。

当然、部屋の内見予約、引っ越しの日程は一番取りづらくなる時期なんだ。

 

特に1月~2月にかけては空室も一番多く出る。

なぜなら、退去する人が一番多く出るのが3月で、退去報告は契約上退去日の1~2ヶ月前には報告する必要があるんだ。

 

だいたいの人は3月(4月の新生活前)に退去するから、毎年1~2月は部屋の取り合いになる。

 

早く行動した方が勝ちなんだ。

本当に日を追うごとに、空室がなくなり、引っ越し業者への予約が取りづらくなる。

 

たまちん
とにかく早く動け!!

 

1-3月

  • 1月から空き物件が増える
  • 日を追うごとに、部屋が埋まる
  • 3月は引っ越しの予約も早い者勝ち

 

4月~5月|カップル・ファミリーが動く時期

 

単身引っ越しの波は嘘みたいに消える。

だいたいみんな3月までに部屋探しと、引っ越しは完了させたから4月~5月にかけては動きも極端に少なくなる。

 

引っ越しの予約も取りやすいが、単身者専用の物件は部屋がすでに埋まっているから空き部屋は少ない。

逆にカップルは6月に結婚式をあげる人が多い(ジューンブライド)から、2人の新生活のための物件を探す新婚さんが多い。

 

4-5月

  • 落ち着いて物件を探せる
  • カップル・ファミリーの引っ越しが増える

 

6月〜8月|部屋探し・引っ越しの閑散期

この時期は、部屋探しも引っ越しも閑散期で動きは少ない。

空き部屋も少ないけど、余裕を持って部屋探し・引っ越しもできる。

 

この時期は暑いので、作業が大変になることもその理由なんだ。

 

需要が少ないから、値下げもしやすい時期。

費用を抑えたいならこの時期がいい。

 

6-8月

  • 閑散期
  • 需要が少ないから、値下げもしやすい時期

 

9月〜10月|転勤、単身赴任のニーズが増える

この時期はサラリーマンの異動辞令が出て、転勤・単身赴任者のニーズが増えるんだ。

また新築物件も10月に増えるから、新築物件に住みたい人もこん時期に探すのがおすすめ。

 

気候がいいので、10月に結婚式をあげるカップルも多いから新婚さんが新居を探すのもこの時期。

 

状況は、空き部屋も少ないけど、余裕を持って部屋探し・引っ越しもできる。

 

6-8月

  • 転勤・単身赴任者のニーズが増える
  • カップル・ファミリーにおすすめ

 

11月~12月|余裕を持って部屋を探せる時期

11月~12月の引っ越しは、予約・日程的にも余裕がある。

 

理由は、引っ越しを考えている人がだいたいこの時期に部屋を探すからだ。

だから、本当に引っ越しの予約が難しくなるのはこの後の年明けからだ。

 

なので、みんなこの時期から部屋を探し始める。

 

ぼくの体験を話しておく。

実は僕もこの時期に一回だけ単身引っ越しをしたことがあるんだ。

 

理由は固定費(家賃)を下げたいから、実のところ特に急ぎじゃ無かった。
見つかればラッキーという感じだった。

 

結果としては、11月に部屋が決まって、12月に引っ越しを完了したんだけど部屋探しも引っ越しもとくに予約に困ることは無かった。

比較的余裕を持って部屋探しと引っ越しができた。

 

空き部屋も少ないけど、余裕を持って部屋探し・引っ越しもできる。

 

6-8月

  • 落ち着いて部屋を探せる
  • ゆっくり相談したい人におすすめ

 

部屋探しのおすすめ時期は12月

 

4月から新生活を始める人がいつから行動すればいいのかという話なんだけど。

結論をいうと、12月には部屋探しをスタートしてほしい。

 

最低でも年明けには始めるべきなんだ。

理由としては、単純にライバルが多いから。

 

4月から始める新生活に向けて、早い人はすでに12月は行動している。

ぼくも12月に部屋探しをしてたけど、内見の予約が埋まってたことがあった。

 

逆を言えば12月からなら、比較的余裕をもって部屋探しが出来る。

 

注意点としては、希望の部屋を見つけてもまだ退去していない、または3月退去予定になってる部屋が多いこと。

でも、自分の希望する部屋は本当に早い者勝ちだから。候補を多く見つけておくことがいいんだ。

 

だから、部屋探しはいかに早く始めるかが勝負なんだ。

 

引っ越しはやっぱり3月が一番いい

引っ越しはいつがいいか?

 

結論をいうと、やっぱり3月なんだ。

「3月は繁忙期で忙しんじゃないの?」

 

もちろん、その通りなんだけど理由としては下記の通り。

  • 家賃が余計に発生する

 

当たり前だけど家賃は、入居した時から発生する。

日割り家賃ていうのもあって、月の家賃を30日で割った分の家賃も払わないといけないから、あまり早く引っ越すとその分余計なお金を払わないといけないんだ。

 

なので4月からの新生活をスタートする人が、一番理想的な行動は下記の通り。

 

check!!

  • 12月:部屋探しスタート(空き物件が少ないので、候補を決めておく)
  • 1月:部屋を決める(空き物件が出始めるので、部屋を決める)
  • 2月:引っ越しの予約を取る、新生活の準備をする
  • 3月:引っ越し

 

12月からすぐに部屋探しをしようと思っても、めんどくさいですよね。

寒いと部屋を出るのも億劫になる。

 

そんなあなたにおすすめしたいのが、スマホ・チャットで部屋を探せるサービスです。不動産仲介業者に直接来店しなくても、部屋探しや相談ができるので、地方から何回も上京しなくても情報を集めることができる。

 

スマホ・チャットで部屋を探せるサービスについて、下記の記事で解説していますので興味がある人はチェックしてみてください。

 

また、引っ越しの内見でチェックしておくべきところは下記の記事にまとめています。

興味がある人はチェックしてみてください。

>>【内見のチェックポイント】引越しで後悔しないために見るべき箇所

 

 

引っ越しについては、一人暮らしの引っ越しであれば「くらしのマーケット」をおすすめします。

 

僕自身、2回も利用しましたが大手引っ越し業者とくらべて安いし、サービスの質もいい。

ネットで見積もりも完了するので手間もかかりません。

-生活, 賃貸・引っ越し

© 2022 Kerotaso Blog Powered by AFFINGER5