買って良かったもの

エレコムのワイヤレスキーボードレビュー【外付けキーボードとしては値段相応】

 

普段使っているノートPCに外付けキーボードをつけてみたのでレビューしていく。

タイトルの通り値段相応の商品だったので、個人的な感想も含め紹介していきたい。

 

僕が外付けキーボードに求めることは下記。

  • Bluetoothであること
  • テンキーがあること
  • 価格が4,000〜5,000円以内であること

 

まずBluetoothであることだけど、パソコン周りの配線をできるだけすっきりさせたい。

そのためにはワイヤレスでノートPCと接続させようと思う。

 

あとテンキーは、個人的に非常に使うからこれも欲しい。
前に日商簿記3級を勉強した時、この電卓の配列(?)で数字を入力することが癖になった。

無論、仕事場のPC作業もテンキーをめっちゃ使ってる。

 

あと値段は、そんな高くないのがいい。そもそもキーボードについては詳しくないので、高いの買って後悔したくない。

そんなこんなで、このわがままな条件3つをクリアしたキーボードを購入したのでレビューしていく。

 

これと一緒に購入したMajextand PCスタンドのレビュー記事も書いてます。よろしければ下記の記事もご覧ください。


けろたそ
けろたそです。Kerotaso Blogを運営しています。その他、Twitterインスタグラムもしてます。

 

購入したのは、「エレコム ELECOM Bluetoothコンパクトキーボード/パンタグラフ式/ブラック TK-FBP101BK」

購入

 

長げー名前。購入したTK-FBP101BKは僕の欲しい条件3つをクリアしてくれた。

  • Bluetoothであること
  • テンキーがあること
  • 価格が4,000〜5,000円以内であること

 

たまちん
実際に接続して使ってみたので、使い心地など感想を紹介していきたい。

 

ちなみにTK-FBP101BKは単4電池2本で動く。単3でないから注意して欲しい。

付属品に単4電池がついてきて、これ単体で8ヶ月もつらしいけどぼくはこの機会に家の電池をエネループにかえた。

エネループ

 

使わないときは、電源をOFFにしておけば省エネになる。

最初のBluetooth接続設定したら、あとは電源ONするだけで自動的に使える。

電源

 

TK-FBP101BKは、楽天市場で買えばお得

どうやらこのTK-FBP101BKは、エレコムの公式サイトによると定価¥8,690(税抜)らしい。高い。

 

僕はこの商品を楽天市場でポチったので、送料込みで4,700円で済んだ。
アマゾンでもこれくらいの価格だから、店舗で買うよりも楽天かアマゾンで買うべき。

 

もちろん楽天ポイントの分、お得に買うことができた。

 

コンパクトな設計

大きさ

 

横幅は約36.7cmでコンパクトな設計となっている。

ぼくのMacBook pro15インチと比較してもそんなに変わらない。

 

🔽MacBookpro 15インチと比較
15インチ比較

 

机が狭いなど困っている人にはいいかもしれない。

ただ、持ち運んでまで使おうとは思わない。

 

けろたそ
本体の厚さは2.1cmほどだけど、折りたためるわけではないから外出先では普通にMacBookのキーボードを使おうと思う。

 

Bluetoothで接続 アプリのインストール不要

アプリ不要

 

TK-FBP101BKはアプリのインストールが不要で、ペアリングすればすぐ使えるからいい。
すぐ使いたい。めんどくさいの嫌い

 

あとこのキーボードの売りは、ノートPCだけじゃなくiPadやiPhoneなど他のデバイスにもマルチペアリングできて、キーで切り替えができるんだけど僕はPCしか使わんから不要。iPadはタッチパネルで普通に使う。
画像の名前

©エレコム「マルチペアリング」
 

TK-FBP101BK使ってみた感想

キータッチ

 

キータッチはMacBookの勝利。

 

キーボードはパンタグラフ方式を採用して、快適なキータッチを実現しているらしいが、MacBookの勝ちだな。MacBookが優秀すぎるのか、単に慣れのせいかはわからない。

 

ただ、普通に使えるから問題ない。
パンタグラフ方式

©エレコム「パンタグラフ方式」
 

キーボードの大きさは、もっとおおきくてもいい。

コンパクトが売りのTK-FBP101BK。確かにコンパクトだけど、持ち運ぶほどではないから、もう少しおおきくてもいいかな。

 

でも使わないときは、机の端に寄せていても邪魔にならないからよし。
とにかく机の上を整理したい人には全然ありの大きさ。

 

あと、テンキーはやっぱり使いやすい。

テンキーって普通に半角入力してくれるからありがたい。
テンキー

 

ぼくの手の大きさ的に、キーボードを使ってのコピペが少しやりずらい。MacBookだとCommandキーを薬指を使って叩くけど、このキーボードだと小指の方が叩きやすい。指変えるのめんどくさい。
やっぱ、もっとキーボードはおおきくてもいいな。コンパクトさを売りにした弊害やね。

コピペ

 

けろたそ
あくまで個人的な感想です。

 

あと、アホな僕はWindowsと操作を間違ってた。

どういうことかと言うと、このキーボード見た目がおもっくそWindowsのパソコンのキーボードなんだけど仕事場のくせで、なぜかWindowsとおもってタイピングしてた。

 

そりゃMacBookに接続してんだから、Macのキーででタイピングしないと。
それなのに「あれ? コピペできん?」とか本気で思ってた。

 

マックのコピペは「Ctrl + c」じゃなくて「command + c」だろ。はい、ただのアホです。

たぶん、皆さんは間違わないと思うけど僕がよく使う機能を下記にまとめておきます。

機能 Windows Mac
コピー Ctrl + c Command + c
貼り付け Ctrl + v Command + v
切り取り Ctrl + x Command + x
スクリーンショット [Windows]キー + [PrintScreen]キー Shift + Command + 4

 

まじでお前だけや。
たまちん
けろたそ
さーせんw

 

結論として、タイトル通り値段相応なキーボードだと思う。期待していたキータッチがMacBookの方がよかったことは少し残念。でもこの値段でBluetooth、テンキーつきのキーボードとしては全然あり。

 

僕みたいに外付けキーボードが初めてで、あまり初期投資に冒険できない人は選択肢にいれてもいいなって感じのキーボードでした。

 

あとエネループの単4電池は、下記の商品が単3、単4の両方が充電できて単4が4本ついてくるからおすすめ。

-買って良かったもの

© 2022 Kerotaso Blog Powered by AFFINGER5