買って良かったもの

1000円代の電動歯ブラシ|低価格だけどおすすめ【充電式から電池式に買い替え】

 

「電動歯ブラシを買いたいんだけど、お値段が結構高い。失敗しても使用済みだったら、メルカリにも出せそうもない・・・。」

そんな考えをチラッとでも考えた方に朗報です。

 

高価な物だと思っていた電動歯ブラシ、実は1000円代で購入できる物があるんです。

 

ずっと使っていたフィリップスの電動歯ブラシが少々古くなったので、『ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール DB4510NE』という電動歯ブラシに買い替えましたので、早速レビューしたいと思います。

 

歯磨きについては少々こだわりがあります。そのほかの記事について興味がある方は、下記の記事をチェックしてみてください。

 

けろたそ
けろたそです。Kerotaso Blogを運営しています。その他、Twitterインスタグラムもしてます。

 

ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール DB4510NEの詳細情報

メーカー ブラウン(Braun)
価格 1,145円
電源 バッテリー式(電池)
長さx幅x高さ 24 x 5.6 x 4 cm
重さ 0.36ポンド(163g)

 

付属品は、単三電池が2本ついてくるから届いたその日に使える。

付属品

 

今使ってるフィリップスの電動歯ブラシよりひとまわり小さい大きさ。

数字だけじゃわからない人は下記の歯ブラシとの大きさ比較を参考にしてください。一般的な歯ブラシと比べてみてもけっこう小さいサイズ。

大きさ比較

 

重さは単三電池入れる分の重さがプラスされるけど、本体が軽いから今使ってる充電式のフィリップスよりも軽い。

そもそも、歯ブラシ自体が本来片手で使う物なので軽い。


電池を入れる

 

ブラシは取り替え式。替えブラシは別売りで販売している。Amazonでは最初から替えブラシが2本ついている3,245円のセットが選べるけど、損するか心配な人は、単品の1,145円の方を選べば問題なし。(ぼくも単品の方を選びました。)


ブラシ

あえて良くない点をいうなら、見た目が値段相応ってことかな。ブラウンの製品はその見た目もかなりかっこいい製品が多いんだけど、この電動歯ブラシはお値段通りの見た目。全体はプラスチック製、青い部分はゴム性。でも安いから文句はない。

 

いずれにせよ安心のブラウン(Braun)製品なので信頼できます。ぼくは髭剃りもブラウンの電気シェーバー M-90をずっと使っているので安心して購入できました。

 

ブラウンの電動歯ブラシを選んだ理由【充電式から電池式へ】


電池式を選択

 

電動歯ブラシは充電式のタイプが主流。ぼくも充電式を使ってたけど、今回電池式に変えた。

 

理由は下記。

  • 電池式
  • とにかく安い

充電式って当たり前だけど、充電しないと使えない。

充電する場所は?っていうと大体洗面台付近だと思う。もちろん別の場所でやってもいいけど、やっぱりパッと手に取れるところにはあって欲しい。

 

で、ぼくは独立洗面台に充電器を置いてるんだけど、コンセントが付近にこの一つだけ。

 

🔽充電式タイプはコードが邪魔
充電

充電中はドライヤーを使えないし、使うためにコンセントを抜き差しするのもめんどくさい、

 

そもそも賃貸には独立洗面台がない賃貸物件もあるから、充電器を置く場所の心配がないことは大きい。(充電器のコンセントを引っ掛けて、落としたことは一度や2度じゃない。)

 

『ブラウン オーラルB 電動歯ブラシ プラックコントロール DB4510NE』は単独で置けるし、持ち手が太いから土台ががっしりしていて、自立できるし安定している。


ブラウン置き場所

 

電池なんだけど、僕の家の電池を使う電化製品はエネループに統一している。

下記の商品は、単三・単四の電池を一度に4本充電できて単三電池が4本セットがついてるからおすすめ。

 

あと年に数回実家に帰った時に、いままで充電式の電動歯ブラシはもっていかなかったから、これからこれを持っていける。

電池が切れたら実家の電池使えばいい。充電式だとそうはいかない。

 

あと、電化製品って失敗が怖いんですよね。

電動歯ブラシも例に漏れず、結構高い。

 

で、あんまり知らないメーカーのものは使いたくないから、PHILIPSやPanasonicなどの有名どころを使いたいんだけど、これがまた高い。

 

ちなみに、アマゾンで購入できるPHILIPSやPanasonicの一番安い電動歯ブラシは下記の商品。(2021年8月現在)

ブランド モデル 価格 充電
PHILIPS(フィリップス) ソニッケアー クリーンケアー 電動歯ブラシ ライトブルー HX3294/07 2,573円 バッテリー式(電池)
Panasonic(パナソニック) 音波振動ハブラシ ポケットドルツEW-DS60-P 2,750円 バッテリー式(電池)

 

安いですがどれも2,000円オーバー。電動歯ブラシは替えブラシも必須なので結構お金がかかります。

 

あと、「これ失敗だな〜」って言って売ろうとしても、人が使った歯ブラシ(取手だけであっても)は使うのに抵抗があるから多分売れない。ぼくは絶対に嫌です。

 

そんなこんなで、1000円代で買える電動歯ブラシはかなりのコスパです。失敗してもそんな痛くないのが嬉しい。

 

1000円代の電動歯ブラシ|レビューまとめ

  • とにかく安い
  • サイズもコンパクト
  • 電池式なので充電台が必要ない
  • 自立できるから単体で置ける

 

高価な機器が多い中、1000円代でかえる電動歯ブラシは貴重。

 

もし、失敗したとしても「1000円代だし、まーしゃーないか。」って諦めもつくから気軽に試せる。

気に入っって長く使ったら、めちゃくちゃコスパいい。

 

虫歯になるのが心配で、電動歯ブラシを試してみたい。

でも、何を選んでいいかわからない。

 

そんなひとはまず、この電動歯ブラシを選んでみてもいいんじゃないでしょうか。

 

 

そのほか、歯磨きについての記事に興味がある方は、下記の記事をチェックしてみてください。

 

-買って良かったもの

© 2022 Kerotaso Blog Powered by AFFINGER5