生活

レビュー|宅配クリーニング「ワードローブトリートメント」の特徴、口コミ・評判は?

 

服が好き。まあ高級ブランドは買わない(買えない)けど、古着を買ったりスーツやジャケットをオーダーすることがある。

でも、心配なのはクリーニング。日々の手入れはブラシをかけるとして、汗やしみなどはクリーニングに出すしかない。

 

ただ町の100円クリーニングは便利ではあるものの、品質が心配。ぼくは昔はよく利用していたんだけど、大切なジャケットのボタンが2つ取れて返ってきたことがあった。しかも自己申告なし、もう2度と利用しない。

 

こんな感じで近所にいる腕のいい、昔ながらの職人がいるクリーニングは絶滅危惧種。安心して、大切な服を気軽に預けることができるクリーニングは少ない。

 

そこで今回紹介する、高級宅配クリーニング『WARDROBE TREATMENT(ワードローブトリートメント)』の出番。

実際に、僕が大事なジャケットをクリーニングに出してみたので、出し方・値段・口コミなどを紹介していく。

 

だらだら、記事を読みたくない。すぐに情報が欲しい人は下記の公式ホームページをチェックしてください。

 

 

WARDROBE TREATMENT(ワードローブトリートメント)の特徴


特徴は?

 

『ワードローブトリートメント』は、株式会社ジャパンが運営するオーダーメイド宅配クリーニングの専門サービスです。

 

では、ワードローブトリートメントの特徴を紹介します。

 

  • 【一客洗い】一着ずつ丁寧に洗い上げる
  • 職人による確かな仕事
  • 依頼はネット。受け渡し、受け取りは宅配でOK

 

【一客洗い】一着ずつ丁寧に洗い上げる

『ワードローブトリートメント』では、お客から預かった大切な服を一着ごとに洗い分ける。

 

もちろん、そういったサービスをしているクリーニングは他にもあるけど、ここはもっと細かい。

 

ワードローブクリーニングの細かい仕事

  • カシミアなどのウール地、綿や麻など、素材に応じた独自の専用加工剤を使用
  • 他店で断られたしみにも対応
  • 静止乾燥
  • シルエット復元仕上げ
  • 職人による仕上げ

 

職人による確かな仕事

 

クリーニングに依頼して、カシミアやウールのニットがごわつく・ぱさついた経験はないだろうか。

 

ワードローブトリートメントは素材に応じて、専用の加工材を使用するという徹底ぶり。

 

せっかく高いニットを買っても、クリーニングがだめなら、ゴミになるだけ。

他店ではことわられたシミにも対応している。


ニットのシミ
©ワードローブトリートメント

 

静止乾燥
高級衣類が持つ素材感を損なわせることがないように、すべて静止乾燥を行う。

 

多くの安いクリーニングでは静止乾燥はしていないため。この過程でボタンが欠損することがあるという。

ぼくのジャケットも過去に犠牲になった。

静止乾燥

©ワードローブトリートメント
 

大手紳士服メーカー及びアパレル専門のプレス機開発メーカーと共同開発した、「シルエット復元立体プレス機」を使用。

これはスーツやジャケットを出すときうれしい。

 

総仕上げのアイロンは、成形技術を熟知し、熟練の技を持つ、選ばれた職人だけに許された仕事。
やっぱり最後は人の手が一番なのかもしれない。

 

熟練の手仕事は、AI・機械が発達した現在でも真似はできるが、再現はできない。


職人の手作業

©ワードローブトリートメント
 

依頼はネット。受け渡し、受け取りは宅配でOK

 

クリーニングの依頼はネットで完結。

受け取り、受け渡しは配送業社が自宅まで来てくれる。

 

一歩も家から出なくていい。

コロナで外出がしづらい今、かなり便利ですね。

 

僕のように車を持たない人や、地方にいる人も宅配便で送ることができるから便利。

 

ユーザーがすること

  1. ネットでクリーニングの依頼
  2. 服を梱包・宅配業者に渡す
  3. 服を受け取る(宅配)

 

ワードローブトリートメントにクリーニングを依頼してみた


クリーニングに出してみた

 

今回、実際にぼくの大事な服を『ワードローブトリートメント』へクリーニングに出してみた。

 

クリーニングしてもらうのは、高円寺の古着屋で購入した60年代のアメリカ製ブレザー。アメリカ製の服は本当に丈夫で大事にしたら何十年も着れるから本当に大好き。できればこれもずっと着ていきたい。

 

ただ、古着屋で買ったから少々汚れている。
汚れている箇所は下記。

  • 袖にしみ。
  • 古着独特のにおい

 

袖に白っぽいシミがある。ブラシでは取れない。

全体的に古着独特のにおいがする。汗と洗剤の混ざったようなにおい・・・。古着屋に入った時、この匂いかぐと興奮するけどね。


ジャケットのシミ

 

これらの点が気になる。

 

クリーニングの依頼方法を3ステップで紹介します。

 

step
1
クリーニングしたい服の情報を入力する

『ワードローブトリートメント』のホームページのリンクをクリックします。

ページ右上の「お申し込みはこちら」をクリック。

価格表

 

カテゴリの「スーツ上着・ジャケット」を選択。服の種類

 

ページ下の「お見積価格を確認する」をクリック。 
見積もり確認

 

細かいメニューを選択します。

僕は「超はっ水加工」はなししみぬきを選択しました。
詳細メニュー

 

はい、仮見積もりが出ました。価格は、10,780円。

ページ下にあるメモ欄に要望を書くこともできます。仮見積もり

 

 

step
2
個人情報の入力【送り先住所、希望日時など】

個人情報を入力します。

個人情報入力

 

引き取り希望日時を入力します。

この日時に宅配業業者が服を引き取りに来てくれます。

集荷日時

 

お届け希望日時も入力します。

この日時に、クリーニングされた服を送ってくれます。

希望日時

 

これで仮見積もりが完了します。

仮見積もり終了

 

step
3
ワードローブトリートメントへ服を送る

登録したメールにワードローブトリートメントから連絡が届きます。集荷準備メール

 

では、服をワードローブトリートメントへ送る準備です。

手持ちの箱、または紙袋にいれて梱包しましょう。メリカリで培った梱包能力が発揮されました。

集荷準備

 

けろたそ
宅配便のスタッフが、時間通りに家に服を取りに来てくれました。

 

クリーニング店までいかなくていいのがうれしい。
服を預けたら、後はできあがりを待つだけ。見積もり金額変わりませんように。

 

服がクリーニングに届いた

 

服を送ってから、4日ほどで最終的な見積もりが出ました。

送料込みで、12,430円になりました。出来上がりが楽しみです。

別メールでオンライン決済の案内が来ますので、支払いをしましょう。
最終見積もり

 

クリーニング完了|その出来映えは?


出来栄え

 

クリーニングしたジャケットが届きました。

クリーニング内容

  • 服:ブレザー2着(古着)
  • メニュー:しみぬき
  • 金額:12,430円(送料込み)
  • 期間:19日(ネット申し込みから、クリーニングされた服が届くまで)

 

期間は僕の場合、平日は家にいないので休日の受け取りを選びました。

人によって、期間は異なります。

 

さっそくワードローブトリートメントでクリーニングされた服を見てみましょう。

 

しみぬきは効果抜群

届きましたー、箱がでけー。

 

ちっちゃいクローゼットみたいに、服に皺がつかないように大切に届けてくれますね。

ハンガーは、太いちゃんとしたやつでそのまま使えます。(細い針金みたいなハンガーは、服をだめにします。)
クリーニング完了

 

気になるしみは?

クリーニング結果

©写真が下手ですが、同じブレザーです。^^;
 

上記の写真のとおり、一番気になってたシミは綺麗に消えてます。

やたー。12,430円払った甲斐がありました。

 

古着独特の匂いは?

においについては、『ワードローブトリートメント』も完全に落とすのは難しいと前置きしてました。

 

かなり軽減されました。

においにかなり敏感な僕も、気にならないくらいです。

 

肌触りもカサカサではなく、ふわっとした感じになりました。ウールにツヤがあるって感じるのは気のせいかしら?。

結果、かなりの満足です。


クリーニング完了

 

 

ワードローブトリートメント|評判・口コミ

 

ワードローブトリートメント|メリット

メリット

  • お値段はそこそこするが、損はしない
  • 家から一歩も出なくてい

 

お値段はやはりそこそこします。

  • ジャケット:5,390円〜
  • シャツ:3,520円〜

 

ただ、そのお値段をだす甲斐がありますわ。お値段以上。

今回ぼくは古着を出しましたが、風合いというか肌触りがフワッフワです。

シルエットも綺麗になった感じがいいですね。気になったシミももちろん綺麗になりました。

 

家から一歩も出ずにクリーニングが完了しました。

クリーニングに行くのがめんどくさい、コロナであまり外出したくない人におすすめ。

クリーニング屋が遠い人にも便利ですね。僕の地元にもいいクリーニング屋があるんですが、車で10分かかる。車持ってない。

 

 

ワードローブトリートメント|デメリット


デメリット

 

  • 料金はそこそこする
  • 送料がかかる
  • 引き取る箱が大きい

 

やはりネックは料金ですね。

普段100円クリーニングにお世話になってる人は面食らう価格。

でも、メリットで言ったように損はしないので、大事な一張羅を出してみてもいいんじゃないでしょうか。

 

送料がかかります。

今回ぼくの依頼でかかった送料は、1,650円でした。

宅配業社が家まで来てくれるのは便利ですけど、そこそこな送料ですね。

 

クリーニングしてもらった服を送ってくれるんですが、まー箱がでかい。

服にとっては最高の運び方ですが、箱の片付けが大変でした。


箱でかい

 

高級宅配クリーニング「ワードローブトリートメント」まとめ

  • ワードローブトリートメントは、株式会社ジャパンが運営するオーダーメイド宅配クリーニングの専門サービス。
  • 【一客洗い】一着ずつ丁寧に洗い上げる。
  • 職人による確かな仕事。
  • 依頼はネット。受け渡し、受け取りは宅配でOK。
  • お値段はそこそこするが、損はしない。
  • 古着のシミ、匂いが消えた。かなり満足。
  • 引き渡しの箱が大きいが、服を第一に考えてくれている配送

 

今回、古着のブレザー2着をクリーニングしてもらいましたが、気になっていたシミ、匂いは改善されました。

肌触りもふわふわになって、かなり満足ですね。服も喜んどるわ。

 

料金はやっぱりそこそこしますが、やってよかったんじゃないでしょうか。

大事な1着を預けてみてもいいですね。

 

-生活

© 2022 Kerotaso Blog Powered by AFFINGER5